2016年 12月 の投稿一覧

あたたかい気持ちに包まれる物語

「小野寺の弟・小野寺の姉」片桐はいりさんの空気感が元々好きで、気になっていた映画です。

冒頭から日常を切り取ったような温かでコミカルな世界観で始まった物語は、良い歳した姉弟の日常、家族の中のくだらないルールや一緒に暮らしているからこそ分かり合える家族アルアルが散りばめられ、くすっと笑ってしまいます。

小野寺家の食卓や台所、冷蔵庫、小野寺姉の部屋のインテリアに至る細部まで世界観が作り上げられており30代以上の方は懐かしさを感じられるのではと思います。実家とは全く違う家ですが私は懐かしさで胸いっぱいになりました。

また物語としては大きな事件は起こらないけれど、適齢期の過ぎた姉の女としても心の揺れ、姉として弟を思う気持ちはずっしりと心に響きました。

親代わりに思ってきた姉と、姉の女としての一面(自分のために、我慢していた部分)に気づき行動を起こした弟。

ネタバレとなりますが、

傷心の中、弟に姉気づかれまいと気丈に振舞う姉。

その姉の誕生日プレゼントとしてへそくりの札束(全て1000円札)を渡します。

そこは家族っぽくそっけなく、茶封筒に入れて。このときのお互いの空気が、恋人でも友人ではなく姉弟・家族の微妙な距離感で心をわしづかみにされ涙が出てきました。家族に、妹に会いたいなと。

夫は何がおもしろいのか分からないようでしたし、特別に何が起きて目に見えて何かが変わる物語ではありません。

だけれども、姉と弟の関係はより深くなり、それを自分に重ねて見れ自分の家族・姉妹を想える映画です。

心弾むサプリメント

ミュージカル映画は苦手なのですが、「マンマ・ミーア!」と言うどこかで聞いたことのあるタイトルに惹かれ見たのが最初の出会い。

今では何度も見返す私の人生になくてはならない1本となりました。

初めての感想は映画中で流れる音楽全て知ってる!ミュージカルっぽくない!

全曲アバの音楽を使用しているのは予備知識として知っていたのですが、アバをリアルタイムで知らないどころか誰その人達?という状態だった私。え〜知らないよって人でも絶対に聞いた事のある音楽がどんどん流れてきて気分が上がる事間違いなし。

歌うは踊るはで、元気のない時に見てもらいたい映画です。

あらすじとしては、娘の結婚式にまつわるドタバタ劇なのですが若い恋愛ものではありません。

母娘との関係、父(かもしれない人たち)と娘の関係の微妙な心境の変化がコミカルな内容なのに、心に迫って来るものがあります。

特に母の愛情の深さは身にしみ、改めて感じ感謝の思いが生まれました。

また一番心惹かれたのは、母を支える何十年来の友人たち!

私も年を取ってこうゆう風に馬鹿できる、本気でぶつかれる友人が欲しい!素敵です!

特にエンディングは最後必ず見て下さい!

普段テンションの低い私でも、気分が上がる初めての映画でした。

実際、落ち込んだ時の心の栄養補給として複数回見ています。

テンションが上がるだけでなく、家族、友人の存在を大きく感じあたたかな気持ちになる事が出来る素敵な映画です。

SAW2はどんでん返し系の最高傑作

サスペンス系の作品が好きで、その手の映画やドラマはたくさん見てきましたが、SAW2はその中でもかなり完成度が高い作品だと思います。変な話、どんでん返しや推理ものには、免疫ができてしまっていて、エンディングのシーンになる前に犯人やトリックが分かってしまうんですよね。たとえ具体的なトリックや動機が分からなかったとしても、登場人物の顔ぶれだけで、何となくコイツが犯人だと分かっちゃいますし、ほとんどの場合で当たっちゃっています。なので、このところは良作には出会えておらず、ドキドキ感ワクワク感は全くと言っていいほど味わえていませんでした。

そんな心理状態の中でSAW2を視聴したわけですが、序盤からアクセル全開!コワいシーンもいっぱいあるけど、それがまた興味を掻き立てられてしまって、見たくないんだけど見てしまうというジレンマの連続。結局、最後の最後まで一体全体何が巻き起こっているのか分からず、いつもの私の直観力は全くと言っていいほど影を潜めていました。ラストのシーンですべてが明らかになるわけですが、B級映画にありがちな無茶な設定やトリック、動機なんかではなく、しっかりと納得することができる(良作たるゆえん)ので本当におススメです。「そういう事だったの」、「確かにそう言われればそうだわ」みたいな感想が次から次へと出てきて、久しぶりのワクワクドキドキ感を堪能することができました。

SAW2はそのタイトルからもわかると思いますが、シリーズもので、何と7まで続きます。シリーズごとに細かなつながりがあって、2を見たならば3を、3を見たならば4をという風に見ずにはいられなくなってしまいますよ。

あきらめていた弱肌でも3ヶ月でツルツルになった

私はけっこう毛深いほうです。だから無駄毛の処理にはとても苦労してきました。

カミソリで剃ったり毛抜きで抜いてみたり試行錯誤の繰り返えすものの、数日後にはまた生えてきてしまい、努力虚しく溜息ばかりの日々でした。

市販の脱毛ローションも使ってみました。しかし私の肌が弱いのか、それともそのローションが合わなかったのか、肌が赤くなってチクチクと痛くなってしまい、悲しい思いもしました。

こんなこと恥ずかしくて人には相談なんてできません。できず、肌も弱いという理由から脱毛サロンの広告が気になるものの、私の肌が弱いという理由から、ちょっと怖くて躊躇していました。

そんな悶々とした日々を過ごしていたところ、私の運命を変える素敵なモノと出会ったのです。それは、自宅近くの家電量販店で偶然見かけた家庭用の光脱毛器でした。

有名な国内メーカーの製品だったのでちょっと安心感があり、試しに購入してみました。これがビンゴでした。

説明書通りに週に数回ムダ毛の多いウデとアシにフラッシュを当てるのですが、最初はなかなか効果が出ませんでした。

いままでのやり方に比べるとほとんど傷など肌が変になることもなかったので、だめもとでしばらく使い続けてみました。

その後だいだい3ヶ月くらいで、ほとんどウデとアシのムダ毛が生えてこなくなってしまったのです。この効果には驚きました。私にはサロンの経験はありませんが、もしかしたらサロンの機器と同等の効果があるのかもしれません。

市販の脱毛器はいわゆる「永久脱毛」をうたってはいませんので、止めるとまた生えてくるのかもしれませんが、私にはそれなりの効果があり大満足でした。

だだ、しばらく使っているとカートリッジの交換が必要になります。これには数千円がかかりますが、自宅で好きなときに脱毛サロンだと思えば安いと思います。

<資料サイト>http://脱毛大分ナビ大分市脱毛おすすめ.com/

また、お肌がツルツルになるまでに数ヶ月かかるので、夏の露出の高い季節を見越して早めに始めるのがコツだと思います。